読書レビュー「未練 – 女刑事音道貴子」

  • 「音道貴子」という女性刑事が主人公の事件簿短編集。
  • 取り扱われる事件は、猟奇殺人や幼児虐待などそこそこ重いテーマになっている。
  • 音道シリーズとして他の作品もいくつかある。

 

目次

感想

読んで初めて「シリーズもの」だということを知りました。

単純に刑事ものを期待して買ったんだけど、私的にはちょっと物足りない感じがした。

それに、過去の作品を読んでいないと「??」となる場面もあったので、そこがマイナスかな。

 

類するカテゴリーとしてはサスペンスなんだろうけど、この小説は「事件<音道貴子」という比重の置き方なので「事件×刑事」ものを期待して読むと物足りなくなると思う。

 

音道貴子という女性刑事はいたって普通。

もう、すんごく普通なわけで、良く言えば「これがリアル」なんだろう。

けど小説として読むとなると、なんだかいまいちパッとしないというか盛り上がりに欠けるというか・・・

 

このシリーズの他作品を読もうと思うかと聞かれれば思わないかなぁ・・・

やっぱり私的には「登場人物にどれだけ感情移入できるかどうか」=「おもしろいかどうか」という構造になっているのでこればっかりは仕方ないかな。

 

この本の評価は?

ストーリー [3.0]
感情移入 [3.0]
感動 [2.0]
ラストの展開 [2.0]
総合 [3.0]

 

ココに惹き込まれた!

安定の文章力に加えて短編集ぽくなっているので、よても読みやすくてどんどん引き込まれる。
事件の内容は重いものだけれど、そこにぶつかっていく主人公の強さや弱さがまた一つの物語として読み進められるのも評価ポイント。

 

ココが気になる!

良くも悪くも「リアル仕様」なので、事件が解決せずに終わったりしてモヤモヤする。
前作との繋がりもちょこちょこあるので、その辺を華麗にスルー出来るかどうかも重要。
夜中に読み終えて、辛くておいしいカレーが食べたくなってしまった・・・。

今回の作品はあまり好みではなかったんですが、乃南アサさんの作品は基本的に大好きでいくつか読んでいます。

文章の書き方が細やかで引き込まれるし、読みやすいし、わかりやすいから。

例えば「不発弾」や「水の中のふたつの月」等はけっこう心に残ってる作品だったりします。

 

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる