どこからが真実でどこまでがドッキリなのか?どんでん返しの連続に目が離せない映画「スケア・キャンペーン」

ドキドキ感 [3.0]
ストーリー [3.0]
ホラー度 [3.0]
スピード感 [4.0]
総合  [4.0]

 基本情報

  • ジャンル:ホラー
  • 時間:76分
  • 製作:2016年
  • 製作国:オーストラリア
  • 監督・脚本:コリン・ケアンズ / キャメロン・ケアンズ
  • キャスト:ミーガン・ワーナー / オリヴィア・デヨング / イアン・メドウズ / シグリッド・ソーントン / スティーヴ・モウザキス
目次

どんなストーリー?

出演者をニセの心霊現象などで怖がらせ、その様子を隠しカメラで撮影するという恐怖ドッキリのテレビ番組「スケア・キャンペーン」

しかし、最近は不気味なマスク軍団「マスクフリークス」による過激な殺戮動画が流れるようになり人気が落ちてくる。

危機を察した女プロデューサーは「もっと過激なものを!」とディレクターのマーカスに要求。そこで企画されたのが、廃墟病院での撮影だったが、騙されるはずの男の様子がどうもおかしい。

仕掛け人役のエマはその様子に恐怖を覚え、マーカスに色々と抗議するも撮影はどんどん進んでいく。が、この男、実は本物の・・・

 

ココが見どころ&ココが気になる

 

ココが見どころ!

全体的には古き良き軽めのスプラッター!時間も短めでテンポが軽くサクサク進んでいくので気軽に楽しめる作品だと思います。空っぽの頭でどんでん返しを楽しんでほしい映画!

 

ココが気になる!

特になし!(笑)あまり深読みせず楽しむのが一番だと思える映画ですね!

 

じっくり感想(ネタバレ-ちょいあり)

暇つぶしにAmazonプライム・ビデオで適当に選んで見始めた作品だったんだけど、意外にも面白かった!

よくあるパニック系のホラーだと思って見てたら展開が二転三転しだして、気が付けばラストになってた。そのくらい集中して見られた作品。

見どころはパッケージに書いてある通り「リアルとヤラセ」の線引きはどこなのかを見極められるかって所かなぁ。

 

ここからちょっとだけネタバレ!

ちなみに私は一度目の見極めどころはすぐにわかったんだけど(エマの部分)オット君は全く気付かなかった。

それに、あの人も実はソッチ側だったことや、途中までの展開が目まぐるしくてすっかりマスク集団のことも忘れてしまっていたことも「そういうことか~!」と思わされちゃったところ。

久しぶりに「くそー、してやられたわ!」って嬉しい悔しさを感じられた作品でした。

でも、きっと勘のいい人なら・・・もしくは最初から「慎重に見ている人」は全部気づいちゃうんじゃないかな。思えばヒントはそこかしこに転がっていた!

 

ただ、やっぱり「?」な部分もあり、マスク集団の背景は全く描かれていないので「若い」「なぜか資金はある」こと以外は不明。そこがちょっと気になってしまったところ。

それにしても・・・ラストはなぁ・・・エマ的には「なんてこったい!」な展開だよね。

グロ系としては軽いほうだと思うけど(個人的にホラー・スプラッタ系はかなり見てます(;・∀・))、肉体的痛みだけじゃなく精神的な痛みをラストに持ってくるところもうまいなと思った一つですね~。

 

グロさはどんなもん?

ん~~軽いほうだと思う。

殺しの描写としてはかなり「粗い」感じで、じっくりじわじわって感じでは全くない。

感覚としては「めんどくせーからやっつけ仕事でちゃっちゃと終わらせようぜ」的なやり方だから、やり方はグロいんだけど描写的にはそうでもないかなぁ。

この作品自体が「スプラッター」ではないし、そういったものに重きを置いている作品ではないと思うので、この「パパっとやる」感じもテンポの良さに繋がりとても良かったと思う。

あ、でも、グロ映画に耐性がない方には十分すぎるほど「グロい」と思うので見る時はお気をつけて・・・

感想まとめ

よくある洋画ホラーとはどことなく違う感じがしたのは、マーカス(プロデューサー)が最後まで冷静というか達観していたところ。(マスク達と同業者だからなのか?)

あと、マスク集団の一人が何ともマヌケな死に方をしてしまう所。ここはちょっと笑ってしまった(笑)

しかし、そんな風に仲間が死んだにもかかわらず誰もその事には触れない不気味さ。

まぁ、普通にこんなことが行われていたら「資金が豊富だから」では済まされない事態にはなるんだけど、、まぁそこはフィクションってことでスルーしましょう!

 

個人的には、「ぜーーーんぶが嘘でした!」っていうオチかな?とも思った。

しかしまぁ、あの死に方だとそれには無理があるわな・・・っと。

 

ここまで書いておいてなんですが、この映画は純粋&カラッポな心で見たほうが面白いと思う。

「騙されないぞ!」「絶対こいつ〇〇だわ」とか、「現実的に考えてあり得ない」とか、そういったつまんないことは考えずに見ましょう!

純粋にフィクションの映画として楽しめる作品であることは間違いない!

 

https://youtu.be/LhNlENEtvoY
映画『スケア・キャンペーン』 予告篇

 

「クワイエット・プレイス」が視聴できるおすすめのVODはどこ?

VODはたくさんあるけれど、私が利用したことがあるのは「Amazonプライムビデオ」「U-NEXT」」の2つ。

どちらもすごくお勧めですが、それぞれに一長一短あるので私が感じたことを簡単に載せておきます。

Amazonプライムビデオ

一つ目は、現在私も利用している Amazonプライムビデオです。

Amazonプライム会員になると付属して付いてくるのがこのAmazonプライムビデオ。

料金が安いのはもちろん、Amazonプライムの強みは映画や音楽以外にも便利なサービスが盛りだくさんなことです。

サービスは色々ありますが、私が良く使っているのは「お急ぎ便・お届け日時指定便の使い放題」「アマゾンフォトで写真の管理(容量無制限!)」。

Amazonでよく買い物をするので「お急ぎ便・お届け日時指定便の使い放題」はとても助かってます。 写真もよく撮るので、ある程度たまってきたらアマゾンフォトのストレージに投げ込んでます(笑)

[afTag id=4038]

 

U-NEXT

もう一つのおすすめが最新コミックも600円分無料で読める<U-NEXT>

U-NEXTは日本最大級のビデオオンデマンドと言われているほど、その中身が充実しています。

最新映画はレンタル同時配信だし、毎月ポイントを貰えるので最新映画もばっちり見れます♪

そのため月額料金が少し高いというのが難点もあります。 しかし、Amazonプライムでは対象になっていない作品もポイントを使って見れたりするので、どちらを利用するか悩みどころではありますね。

 

安さで選ぶならAmazonプライム!充実さを選ぶならU-NEXT!がおすすめ★

かとのん家は、最新映画よりもプライムフォトやお急ぎ便などをよく使うので「U-NEXT」から「Amazonプライム」に乗り換えた派です。

しかし、友人は「最新作を気軽に見たい」ということで「Amazonプライム」から「U-NEXT」に乗り換えました。

自分の映画を見る頻度や最新のものをすぐに見たいかどうか?で選択するといいですね♪ どちらも解約は簡単な手続きのみなので、まだ契約したことのない方は一度試してみる価値はあると思います!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる