布団でのペットの粗相や嘔吐には防水機能の付いたミリオンドライEX掛けカバーがおすすめ!

前回、布団のゲロ輪染みから脱出するべく、新しい羽毛布団を買ったかとのんです。

 

 

そこで、ワンコたちのゲロゲロから布団を守るために布団の防水カバーを買うことにしたので、今度はそちらのレビューです♪

 

目次

辿り着いたのは「ミリオンドライEXカバー」

防水布団カバーで検索するも、そんなに数は多くないんですよね。

で、どれもこれもレビュー的には似たような感じです。

そんな中でも「ミリオンドライEXカバー」という商品がレビューもそこそこ多く、評価も高かった&サイズもクイーンまであった!

 


片面防水 掛けカバー クイーンサイズ ミリオンドライEX

 

こちら、どういう商品かと簡単に説明すると

 

ミリオンドライEXは、繊維が湿気を吸収し素早く発散させるという通気性に特化した繊維。

だからドライ機能に優れているため寝汗等によるベタベタ感が軽減されるというもの。

 

表面はミリオンドライEXの生地なので水分がかかれば濡れますが、裏地にしっかり防水コーティングが施されている為、中の布団には浸透しません。

 

防水カバーはコーティングが必須なので、どうしても普通のカバーよりは「重く」なってしまうんですが、こちらの商品は「軽さ」にもこだわっている。

 

  • 表生地:ポリエステル100%
  • ポリウレタンコーティング(防水加工)
  • 8ヶ所紐付き&YKKファスナー
  • 手洗い可能
  • 塩素系漂白剤は使用不可
  • 脱水機・乾燥機の使用不可

 

大きな特徴とお手入れ方法などはこんな感じです。

値段が結構お高めなので、購入に至るまでちょっと悩みました。。(´-∀-`;)

だけど他の防水カバー商品を見てもサイズがなかったり「重さ」に対するレビューが厳しかったりで、、コレというものもなかったのです。

 

オット君
片面防水って書いてあるけど両面もあるの?両面の方がいいんじゃないの??

 

かとのん
そこ!まさに悩んだところだったんだけど、色々考えた結果「片面」を選んだのよ!でもこれが大成果!理由はもう少し先で書くね♪

 

そんな苦悩の末に買った「ミリオンドライEX 片面防水掛けカバー」

それでは実際の使用感想レビューです!

 

ミリオンドライEXカバーを使ってみた感想

まず、届いて最初に思ったことが「うーん、やっぱ少し重いかな・・・」ということ。

まぁ、でもこれは仕方ない!「羽毛布団」&「ワンコとの幸せな眠り時間」を守るためには、やはり何かは犠牲にしないと・・・(笑)

広げてみると、ふんふんなるほど。表面の記事は確かにサラサラで薄め、これは「速乾」と言われるだけはあるなと思うような生地です。

肌触りは、綿に比べれば少しザラ付くけど・・ここもまぁ許容範囲かな?

 

エムールのタグ付き

 

防水加工は白いコーティングがされています。

 

さっそく布団をセットしていったかとのんですが、ニトリの布団カバーを絶賛していた私だけに「8ヵ所のヒモ結びがめんどくせー・・・」ってなりました(笑)

 

 

セットし終わって、気づいたころとが一つ・・・

 

ええーーーー!??!ってなりました。(笑)

私の中では「パイピングがあるほうが表面」にきて「その表面に来る方の裏側が防水加工になっている」から、ワンコたちが布団の上でゲボったとしても大丈夫!なものだと思い込んでいたので・・・

 

 

落胆していても仕方ないので、通常とは逆の状態で使用するしかありません。。(;´・ω・)

かといって、パイピング面を内側にするとどうしても顔にパイピングのボコボコした感じが気になってしまったのでそれをさらに足元側にしました(笑)

すべてを逆向きにセットした結果、うん、普通に気にならない防水カバーの出来上がり!

 

ある意味、これでよかったかもしれないと思った理由の一つに、「生地の感触」があります。

写真は光を透けさせてみたものですが、防水加工がされていない側はかなり薄くサラサラで、とても柔らかいんですね。

 

それに比べて、防水加工がされている側はかなりゴワゴワします。

もちろん生地自体は全て同じなんですが、中にコーティングがされているだけでかなり感触は違います。

なので、防水面を上にして、パイピングも足元に持っていったことで、寝たときに顔や体に触れる感触は柔らかくパイピングのデコボコも気にならないという状態になりました。

結果オーライ!(*´∇`)ノ

 

両面加工じゃなく片面加工でよかった理由

最初は「そりゃ両面でしょ!」と思っていたのですが、レビューを読んでいると重さが気になるというような感想が目に付きました。

それでよくよく考えて見たら、うちの場合はワンコたちが布団の上でゲボった時に布団に染み込むのを阻止したいだけなので、両面もいらないのかも?と思いました。

あと、洗濯についても「防水加工面の渇きが遅い」ということだったので、その辺も考慮した結果「片面加工」を買ったわけなのです。

そして実際に使ってみて、「片面でよかったかも!」と思う理由は・・・

 

重さが気になる

確かに今まで使っていた普通の綿カバーに比べると重さが気になるんですよね。

片面で気になるのに、これが両面になったら重さも二倍ってことですもん。

 

肌触りが気になる

「重さ」も気になりますが、それ以上に気になったのが「硬さ」

これはもう仕方ないんですが、どうしてもコーティングされている面はゴワゴワしていて触っていて「気持ちいい」とは言えません。

うちの場合は先に書いたように、防水面を表面に持っていきたかったので結果的に防水加工されていない柔らかい面が肌に触れる側にきたので良かったんですが、これが両面加工だったらどの面もこのゴワゴワ感ってことです。

ちょっとそれは嫌かも・・・?と思ってしまいました。

 

通気性が気になる

防水コーティングってことは通気性ないですよね(;´・ω・)

中の羽毛のことを考えると、やっぱりある程度の通気性はあったほうがいいのではないかと思いました。

 

片面にしたデメリットは?

購入して数日たちますが、今のところゲボっていないので染み込み具合とかはわからないのですが、片面加工だからといって布団直すのが面倒とかそういうこともありません。普通に寝て起きれば、表裏がひっくり返るということもあまりないですしね(笑)

デメリットはなし!逆に実物を使ってみて片面にしてよかったと思うことばかりでした。

 

ここが気になる!改善希望!

ミリオンドライEXカバーの評価は概ね良し!なんですが、「重さ」よりも「硬さ」よりも、もっと気になることがあるのです。。。

それが「音」

 

オット君
音?・・・布団から音がするわけないだろ~

 

かとのん
それがめっちゃするのよ~~~

 

うん、コーティングされている側だと思うんだけど、動くたびに「シャリシャリ」というような音がするんですよ。

夜中もね、ワンコたちが布団の上を動いたりすると「シャリシャリシャリ」って感じで、結構耳につく・・・

素材的に難しいのかもしれないけど、もう少しなぁ・・・なんとかならないかなぁと思いました。

 

ミリオンドライEX 片面防水掛けカバー のまとめ

値段は高いし、改善してもらいところもありますが概ね満足です。

これで中の羽毛布団が守れるなら、安いもんでしょう!

突発的に布団を洗わなくて済むということが何よりうれしい!布団もキレイなまんまだし♪

サイズもシングルからクイーンまでのサイズもそろっているし、同じシリースの敷パッドやボックスシーツもあるのでペットの粗相やゲボでお困りの飼い主さん、おすすめですよ★

 


片面防水 掛けカバー クイーンサイズ ミリオンドライEX

 

 

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる