2019年の花火やお祭りに着ていきたい!30代~40代におすすめの大人な浴衣をピックアップ!

梅雨が明けたら花火の季節がやってくる~♪祭りの季節がやってくる~~♪

毎年、どこか一か所にはオット君と浴衣を着て出かけるかとのんです。

そして毎年、浴衣を買うわけですが・・・去年は爽やかなブルー系の浴衣を買ったので、今年はシックに(?)大正ロマン漂う「大人な浴衣」にしようとネットの海を漂い中・・・。

30~40代ってデザインがなかなか難しく、若々しすぎても痛々しい感じだし、落ち着きすぎてるとなんだかすごく年を取った気になっちゃったり・・・(笑)

そんなこんなで個人的に「あ、コレいいな!」と思ったものをピックアップです♪

 

目次

紫と白の大胆なコントラストが素敵

 

紫という色は青と赤を混ぜて作られる色の為、二面性を表す色としても知られています。

紫色には心を安定させる効果があり、この色を身に着けると自然と気持ちが落ち着いてくるみたいですよ。しかし、それとは反面に二面性が持つミステリアスな雰囲気も・・・。

いつも明るく笑いの絶えないような人が紫の浴衣なんて着て、しおらしく髪なんてかき上げちゃった日にはあなた・・・いつもとは違う雰囲気に相方さんもドキドキが止まらなくなるかも!?

そんなことを考えながらチェックを付けた一枚です!(笑)

 

2019年新作!ブランド「ボヌールセゾン」の浴衣

 

生地は綿100%の変わり織りなので汗や湿気の吸収も良さそう♪しかも洗濯が可能なのも嬉しいポイント!

浴衣、帯、下駄の3点セットだから届いてすぐに着られるのもいいですね。帯は半幅帯、兵児帯、作り帯から選べるのも高評価!

薄いグレーにぼかしで淡く黄色の牡丹。ちょっとないカラーだと思いました。

グレーだけで見ると地味だけど、黄色の牡丹が大き目で目を惹きます。シンプルだけどオシャレな感じがすごく好み♪

 

今年の浴衣はちょい攻め浴衣でかっこよく決める!

 

赤×黒×白のカラーで全11種類ものデザインがあります。

個人的には「本よろけ縞」 がお気に入りで、とにかくかっこいいですね~~!今のところ第一候補です!

とにかくここのお店は「カッコイイ」がコンセプトみたいで、紹介した浴衣以外にもたくさん「カッコイイ浴衣」がありまして・・・すごく目移りしてしまった・・・。

ちなみに写真に写っているカゴバックも、この四角い形が珍しくイイ感じです!!

 

 

帯の選び方で雰囲気がガラッと変わる一枚

 

よろけ縞に細かな草花を散らしたモダンなデザインです。綿100%なので自宅で洗濯もOK!

帯が半幅帯、兵児帯、作り帯から選べるんですが、兵児帯は柔らかいピンクでかわいくなりますね~。

私は鮮やかな赤の半幅帯を持っているので、浴衣に散らしてある赤と合わせてもかわいいかもと思って候補にあげました♪

白地っていうのも夜に映えるのでポイントですね。すごく涼し気で良い♪

 

懐かしくて新しい!レトロモダンな浴衣に一目惚れ!


京都老舗ブランド「岡重」の浴衣です。

お値段は張るけど、プチプラな浴衣には絶対にない美しい柄と色合いが一目でわかる「高級感」

こちらの三代目様は第一回京都府産業功労者賞を受賞しており、HPにもある「もの言わぬものに、もの言わすモノづくり」がコンセプトの老舗です。

とにかく上品!だけど遊び心も忘れていない粋な浴衣。ちなみに帯は別売りなので・・・はい、お高い買い物なのは重々承知ですが・・・プチプラな浴衣が溢れかえる今日この頃、、一つくらい 「特別な一枚」を持っていてもいいかなと・・・オット君に要相談ですね。。

「本よろけ縞」が第一候補だったけど、こっちに乗り換えです(笑)でもお値段が・・・うぅーーん・・・

 

大き目の梅柄がアンティークな雰囲気を堪能できる一枚


一見、ハデそうに見えるんですけど、、色合いが全体的に渋いので合わせる帯の色によってガラっと雰囲気が変わりそうな一枚。

若い子が着ても可愛く着こなせるだろうし、お年を召した方でも「オシャレさん」に仕上がりそうな感じがプンプンします。

色合いといい、デザインといい、ちょっと上級者じゃないと着こなすのが難しい気もしますがモデルさんのようにピシっとはまればすごくかわいくなりますよね、きっと・・・

 

大正浪漫が漂う上品な柄物にはしわ兵児帯で


高級変わり織り浴衣、帯、下駄の3点セットです。大正浪漫でシックな菊づくしの浴衣!

細かな菊の柄に紺と緑の葉っぱが目を惹きます。ポップに見えるけど色味が抑えられているのでハデではない。

モデルさんが来ているように飾り紐には鮮やかなカラーを入れたほうが可愛いですね★

 

麻の葉の古典柄に目が覚めるような真っ青な帯が印象的

京都老舗メーカー厳選の高級浴衣です。綿麻生地なので通気性が高く、色落ちや皺にもなりにくいのが特徴。

昔ながらのレトロな古典柄だから、あえて差し色で遊び心を持たせてるのがにくい!

こちらは浴衣単体ですが帯も同じお店で売っているのでセットで買うことも可能。

キリっとスッキリ美人に慣れそうな浴衣だ~。

 

水面を泳ぐ金魚と浮かぶ手毬が涼やかな一枚

花火や祭りは夜に目立ってなんぼですが、やっぱり暗めの浴衣だと目立たないんですよね。。

白地の浴衣は夜に映える!

赤い兵児帯と赤い手毬が合っていてとってもかわいいけど、シンプルなので大人浴衣としてもアリだと思うんですが如何でしょう?

 


 

うーん。。色々見てきたけれど、やっぱり一番惹かれるのは老舗岡重の「花丸と藤」なんだなぁ、、でも値段がなぁ。。。

しかもこのきもの&ZAKKA * ふりふさんが扱っている浴衣や小物がとにかくオシャレで素敵なんです!!(ほぼ高いんだけど・・・)

浴衣探してたら思いがけずお気に入りのショップさんに出会っちゃってちょっと得した気分でもあります(笑)

どれを買うかはオット君と(お値段要相談)後に決めよう・・・

 

皆さんも祭りの季節を楽しんでくださいね~!

 

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる