かわいい&かっこいい犬が主役のオススメ漫画8選

昨日からの雨でテンションがダダ下がりのチャーくんが今も外を見つめています・・・

「二度の飯より散歩が好き!\( ‘ω’)/」のチャーくん、、

そんなチャーを見ていたら犬漫画を色々思い出した!

そんなわけで、今日は犬好きさんの為のおすすめワンコ漫画をご紹介します★

よかったら見ていってね~!

 

目次

イズモがゆく。

うちもゴールデン飼ってた時期があったから、この大きさに圧倒される感はすごくわかる!

それがまた幸せなんですよね~~。もっふもっふがたまらない!

こんな大自然の中で暮らせるワンコたちは本当に幸せだろうなと思います。

バーニーズが好きな方にはもちろん、柴好きにも癒される一冊になること間違いなしです!

犬を飼ったことがない人も、きっとワンコと家族になるのも悪くないと思えるんじゃないかな。

「ワンコあるある」たくさん出てきますよ♪

 

銀牙-流れ星 銀-

すごく古い漫画です。

私が小学生くらいの頃はアニメでもやっていて、当時から「犬すごい!犬かっこいい!死んだらあかん!!(´;ω;`)」と、子供ながらに熱い思いを持って読んでいました。(笑)

ひとことで言ってしまえば「犬がクマと戦う漫画」なのですが、読めばわかりますがそんな軽い一言では済ませられない内容です!

漢(犬)たちの友情は強くて、それぞれに真っ直ぐな思いを持って生きている。

その反面、人間臭さもあったりして「裏切り」や「悪」の描き方もわかりやすいから、私が子供でもこの内容に惹かれたんだと思います。

この「銀牙 ~流れ星 銀~(全18巻)」から始まり、その銀の子供の「ウィード」が主役になった「銀牙伝説WEED(全60巻)」、そしてそのまた子供の「オリオン」が主役の「銀牙伝説WEED オリオン(全30巻)」と続いている名作中の名作なのです!!

とにかく!絵の感じが古いからと敬遠しないで!(笑)一度読んでみて!

漫喫とか行って「流れ星銀」からガッツリ読んでみて!(´Д`)

オット君も、最初は「銀って~www古すぎやろ~~ww」って馬鹿にしてたけど、犬を飼った今、彼は「涙なしでは読めへんでぇ~~(´;ω;`)」と言うようになりました(笑)

ちなみに私の好きなキャラは「ジョン」と「赤目」です♪

 

犬がとなりにいるだけで

実話をもとに描かれた漫画で、捨て犬だった一匹のワンコが老人ホームで暮らしていく物語。

老人ホームで、という所が普通の犬漫画とは違うところなのですが、それ故に考えさせられる場面が多くあります。

ボタモチはかわいく健気で、知らず知らずのうちに読みながら微笑んでいる自分がいるんだけど、ほんわかとした絵とは裏腹に「生」「老い」「死」というものも考えてしまう深い作品。

動物も人も同じように年を取る。

最後のほうは号泣でした。。

鴻池剛の崖っぷちルームシェア 犬と無職とバンドマン

 

鴻池剛さんの作品は絵も好きだし、内容も面白いのでよく読むんですけど、この犬漫画はほんとに笑った!

貧乏時代の作者が犬二匹とルームシェアするお話です。

全ページ完全オールカラーで読みやすいのもポイント★

二匹のポメと作者とのやり取り、わんこたちの表情も愛くるしい(笑)

ドタバタコメディー漫画です!

96歳の柴犬ハチさんは、今日もお散歩しています。

 

ペットを飼って入れば、必ず、いつかは来る「老衰」「別れ」

うちも、今までに愛猫を数匹、愛犬2匹を見送ってきました。

どの子もそれぞれに違う「老い方」があり、「病気」があり「介護」があり、「最期の形」も様々でした。

私たちはその都度、その子の性格に合った環境を整えたり、出来る限り最期まで幸せな気持ちでいてくれることだけを考えて過ごしました。

この世で人と共に生きている動物たちが、みんなハチさんのように愛されて愛されて最期の時を迎えるまで幸せに過ごしてほしいと願うばかりです。

作者さんの愛情がひしひしと伝わってくる、とっても優しい気持ちになれる一冊だと思います。

いとしのムーコ

ムーコの飼い主はガラス工房を営むガラス職人のこまつさん。

これは、そんなこまつさんの事が大好きなムーコとこまつさんの「ラブコメディー」といっても過言ではないでしょう(笑)

とにかく「こまつラブ!」なムーコちゃんが一生懸命すぎてかわいすぎる!イラストもシンプルで見やすく、サラッと読めます。

読みやすいのですぐに読み終わっちゃうのが困ったところですが、、

とりあえず1巻読んで見て下さいな!次を読まずにはいられなくなるはず!(笑)

12巻まで出てるんですが、人気があるのも頷けます。

動物のお医者さん

この漫画でシベリアンハスキーという犬種が人気になったんじゃないかな?と勝手に思ってます。

たぶん、私と同じ年代の人で知らない人はいないんじゃないかな?(*´▽`*)

それくらい有名になった漫画ですよね♪

舞台は北海道。主人公は「公輝」と書いて「ハムテル」と呼ばれているH大学獣医学部の大学生。

そんなハムテルの飼い犬となるのがハスキーのチョビ(女の子)

チョビ以外にもたくさんの動物が出てくるんだけど、キャラクターがみんな個性的で読んでいて飽きません!

単行本は全12巻出ているんですが、2,000万部以上の売り上げを記録したらしいですよ~。

そんな売れてたんだ・・・知らなかった・・・

2003年にはドラマ化もされています♪

犬神

この漫画、漫画アプリの「ピッコマ」で只今連載中です♪懐かしくて今も読み返してるんですが、やっぱおもしろい♪

でも、グロいです。色々と真っ二つになったり、刺したり切ったり・・・と。

なので、グロ系が苦手は人は見ないほうがいいと思います。。

内容的には・・・ちょっと難しいんですが、アレイスター・クロウリーの魔術理論×動物実験×喋る犬って感じです。

はい、さっぱりですね!(*´∀`)アハハ

と、とにかくですね、「グロ」×「喋る犬」のキーワードが好きならば読んで損はないと思います!

↑のワンコがカタコトで喋るところなんて、抱きしめたくなります!

まとめ終えて一言

夫婦でマンガ好きですが、同じ「犬が出てくるマンガ」でも、「これ泣くやつだろ!」ってものは決して見ません!(笑)

なぜなら、2人そろって泣きまくり収拾つかなくなるからです・・・(笑)

 

今回は私のおすすめ犬漫画を8冊ご紹介しましたが、やっぱりその中でも一番おおすすめは「銀牙」です!!

もう、紹介の文章がダントツで長い所にもそれが出ちゃってるんですが(笑)

機会があればぜひ読んで見て下さいね♪

それでは今日はこの辺で♪

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる